HOME > オーナーの方へ

オーナーの方へTO OWNER...

ACE、HOBBYのトレーラーのお客様へアクスルのメンテナンス情報

ACE後期モデルおよびHOBBYのトレーラーは、KNOTTもしくはBPWのスプリングアクスルを使用しています。 アクスルには4箇所のグリースニップルが付いています。 3000km走行毎にここからグリスアップしてください。 詳細ご不明な点はお買い上げになった販売店もしくは sales@tozaiateo.co.jp までご連絡ください。

【注意】オーバーラン装置について

ALKOオーバーラン装置(トレーラーのヒッチヘッドの部分)の金属部分に亀裂が発生しております。 亀裂が広がり、最悪の場合走行不能になり、事故につながる恐れがありますので、該当するトレーラーのオーナーの皆様は、取説に記載されているヒッチヘッドの垂直静荷重など使用状況にご注意いただくとともに定期的な点検をお願いいたします。 特にヒッチヘッドに化粧カバーの取り付けられている英国製トレーラーの方はカバーを外して点検お願いいたします。 症状:下の画像をご覧下さい。 対象トレーラー:ALKO社製オーバーラン装置ALKO90S/3の取り付いているトレーラー (ヒッチヘッドボデー上面に機種が刻印されています。)ALKO90S/3以外でも、使用状況によっては同様な亀裂が生じる可能性が有ります。

考えられる原因:ヒッチヘッド垂直荷重が75kg以上の過積載のトレーラー、けん引車スプリングの強化 もし、亀裂が発生してる場合には、オーバーラン装置の交換が必要となります。 この件に関してのご質問お問い合わせは sales@tozaiateo.co.jp までご連絡ください。

冬季 トレーラーの注意事項

注)下記に掲載する項目は、弊社の長年の経験やトラブル事例を基にしたものです。 記載されている項目について、何ら責任を追うものではありませんので、お客様の判断と責任において参考にしてください。

    1. 走行上の注意

  • 雪道走行では、スタッドレスタイヤはけん引車、トレーラーとも必須です。
  • 走行時は、急ハンドル、急発進、急ブレーキは絶対に避け、けん引車・トレーラーとも(特にけん引車を)滑らせる事のない様にして下さい
  • 雪道では路面状況によって滑り方がまったく違うので、路面状況をよく認識することが肝心です。
  • ブラックアイスと呼ばれる、濡れているように見える路面には、最大の注意を払って下さい。 夜間および早朝には、けん引しないことをお勧め致します。 天候によっては、安全なところに移動し、移動を止める勇気も必要です。 但し、悪天候で道路の途中に止まることは危険ですので、おやめください。
  • 融雪剤をまいた道路を走行した後は、必ずシャシーを水洗いしてください。
  • けん引車・トレーラー共、屋根の雪は必ず下ろして走行してください。 屋根の雪が氷の塊と化し走行中に落下して、死亡事故となった例が昨年ヨーロッパであります。

    2. 暖房に関する注意

  • ヒーターの排気の吹き出し口は雪などでふさがれていないことを、絶対に確認してください。特に屋根の煙突には十分にご注意ください。また、風向きで排気が逆流しないことも確認してください。排気口、および床下部の空気の取り入れ口がふさがれる恐れがあるときは、絶対にヒーターを使用しないでください。
  • トレーラーの室内にある換気口は、空気を循環させる機能があります。いくら寒くても、絶対にふさがないでください。いつもトレーラー内部の酸素の状態に注意して、換気するなど適切な処置をしてください。
  • 暖房器具だけに頼らず、充分な防寒具をご用意ください。

    3. 水周りに関する注意

  • ウォーターヒータの水抜きは忘れずに行ってください。これを忘れて、毎年数件の破損があります。特に、CARVER社のボイラーが取り付いているトレーラーは、TRUMA社と合併したため、非常に部品が入手しづらくなっております。
  • 水を使用した場合は、蛇口を開けたままで走行し、システムの水抜きを完全に行ってください。水抜きの際に、ポンプを空運転させて水抜きを行うのは、絶対におやめください。ポンプの故障につながります。

    4. 電気に関する注意

  • 冬季はバッテリーの能力が極端に落ちるので、バッテリーは満充電でお出かけください。走行充電も期待できないと思ってください。できれば、電源サイトの使用、発電機等も考慮に入れることをお勧めいたします。 

    5. その他

  • 屋根の雪を下ろすときは、安全を十分に確認して行ってください。
  • 屋根の上には上れません。脚立等で十分に安全を確認して行ってください。ベンチレーター等屋根に取り付けられている部品に損傷のないよう注意してください。 寒冷地にお住まいの方で、冬季使用しない方も、水抜き、屋根の雪下ろしは必ず行ってください。

Hobbyパノラマスカイライト(サンルーフ)使用上の注意(PDF)