INFORMATION

配信情報

2020.09.10

エントランスドアロックの取り扱いにご注意下さい

峯岸です。

今回は、現行モデルのHOBBY、SWIFTに使用されておりますエントランスドアロックのトラブルについてご案内します。

 

 

ドアロックはこちらの画像の物になります。

良くお問合せいただくのが、ハンドルを引いてドアを開けようとすると引っ掛かって開きにくい又は開かなくなった等の症状です

 

 

画像の丸印のロックがしっかりと可動しなくなる事が原因です。

 

 

ドアロックの構成部品になります。

外側のハンドル部

 

 

室内側のレバー部になります。

 

 

画像の黒いロック部は、ドアが閉まっている時はこの位出ています。

 

 

メッキハンドルを引くと通常はこのくらいロック入ります

そしてドアを開ける事ができます

 

 

トラブルが発生した場合は、ロックがこの位置まで可動せずドアに引っ掛かってしまいます。

その原因について部品を分解し確認していきます。

 

外側のメッキのハンドルは、裏側で金属のシャフトに固定されています。

 

 

メッキのハンドルを外してみました。

 

メッキのハンドルを裏側から見た画像です。

矢印の箇所に縦に割れが発生しています。

割れが原因でシャフトをしっかり回転させる事が出来なくなります。

その為、ロックの可動範囲が減り解除に不具合が発生致します。

 

 

ダメージの多い場合ですとシャフトの爪も折損している場合もあります。

メッキのハンドルは樹脂で出来ています。

鍵を掛けた後、ドアがロックしたか確認する際メッキハンドルを強く引かない様注意して下さい。

戸締り確認の際、過度の力がメッキハンドルに加わりますと樹脂なので割れが発生します。

確認の際は、軽くハンドルを引いて確認するようにして下さい。

ドアロックの交換作業には、ドア内側の小物入れ脱着、キーシリンダーを付け替え等結構大変です。

また、組付けの際スプリングのセットの仕方を間違えるとドアロックが動きにくくなります。

修理の際は、弊社へお任せ下さい。

戻る