INFORMATION

配信情報

2019.05.20

REICH タイヤエアモニター

新商品のご紹介です。

 

昨今、自走式キャプコンバージョンのキャンピングカーの横転事故、トラブルが時々報道されます。

様々な原因が推測されますが、原因の一つにタイヤエア管理不足があると思います。

キャンピングトレーラー(カー)共に車両重量が重たいので、その重量を支える為にタイヤエアの充てん量が多く設定されています。

例えばHobbyの1750Kgシャシーには、195/70R 15Cのタイヤが付いていて、空気圧450KPAの時に900Kgの耐荷重となっています

空気圧が減れば、当然耐荷重が下がりバーストなどの危険があるわけです

 

乗用車に比べ利用頻度の少ないキャンピングトレーラー(カー)のタイヤエア管理は、慎重に行う必要があります。

 

今回、弊社取り扱いのモータームーバーの会社ドイツREICH社よりタイヤエアモニターが新発売されました。

私も今回の能登Caravanの前に購入し使用してみましたので報告も兼ねてご紹介させて頂きます。

 

 

今回装着した、REICHタイヤエアモニターです。

表示、案内にはスマートフォン(IOS、Android)にて行います。

 

 

 

中身の確認です。左右のセンサーの他ボタン電池、装着金具が同梱されています。

組み立て、装着は非常に簡単で日本語表記はありませんが写真が多いのですぐに出来るかと思います。

 

 

 

装着後の写真です。タイヤバルブキャップの代わりに装着するもので非常に簡単です。

 

次にスマートフォンにアプリを入れます。取り付け説明書にあるQRコードを読み取ってインストールします。

 

 

この画面が表示されれば後は左右のセンサーをQRコードを使用、登録してインストール完了です。

 

 

設定画面にて表示単位、タイヤエア異常警告のレベルを合わせます。

(エア圧が4.5barのタイヤだとmin4.3,max5.6位かなという感じです)

 

 

表示画面です。左右各々のタイヤエアと温度が表示されます。

 

 

 

異常時の警告を確認したく異常警告レベルを操作して異常時の表示を出してみました。

表示と同時に警告音も鳴ります。

 

私も現在2~3か月毎の出動ですが、そのたびにタイヤエアが気になっていました。

タイヤの重要性(危険性)を良く知っている、という事もありますが数値で確認できるのは良いですね。

少し前のブログでエア圧小によるバースト写真を載せましたが、安全、安心、楽しいけん引走行の為にはタイヤ管理は重要です。

見た目大丈夫でも4年毎に交換がお勧め、タイヤエアは特に季節の変わり目(気温変化)には良く点検しましよう。

 

今回の商品は弊社にて発売中です。販売価格は22,000円+消費税となります。

インストールしたアプリにはトレーラー専用らしく、水平機、方位磁石、現在地天気の表示もあります。

又、2018年以降弊社にてREICHムーバー購入の方はムーバーも同じアプリで使用できます。

気になった方はご連絡お待ちしています。

 

今回はちょっと営業ですが、良いものだったので。

 

 トーザイアテオ  法華津でした。

戻る