INFORMATION

配信情報

2018.10.04

MAXXFAN 取り付け

サービス峯岸です。

今回は495WFBにMAXXFANを取り付けましたのでご紹介致します。

全長7.13mのモデルで独立したシャワールームがあるレイアウトになります。

 

 

 

 

 

 

シャワールーム使用後の換気を行いたいとのご用命がありMAXXFANを今回取り付けました。

 

取り付ける商品はこちらです。

400㎜x400㎜のルーフ開口部にそのまま装着が可能なMAXX FAN インターナショナルモデルです。10段階風量調整で吸排気が可能です。

室内温度の上昇を抑え快適に過ごす事ができます。

 

 

 

まずは、標準で付いているルーフウインドウを外します。

 

ルーフに残ったシール材を綺麗に除去しMAXXFANを取り付ける準備を行います。

 

ファン作動用の電源配線をルーフまで引き込みます。

もちろん配線はできる限り家具裏等見えない部分を通していきます。

 

ベースプレートは雨漏れしない様にシール材をしっかり塗布し取り付けます。

 

そしてMAXXFAN本体を取り付けます。

 

室内から見た画像です。

電源配線は屋根の中を通しておりますので全く見えません。

 

使用時リッドを開けた状態です。

 

リッドを閉じた状態です。この状態でも使用可能です。

雨の日でも室内に水が入る事無く使用ができます。

 

無事、取り付け作業が完了しお客様にお引渡し致しました。

こちらのMAXXFANはもちろん他のレイアウトの車両にもお取り付けが可能です。

詳しくはメールにてお問合せ下さい。

 

デメリットとしてはルーフからの光が入らなくなりますので、日中でも室内の照明を点灯しないと暗く感じるかもしれませんのでご注意下さい。

戻る