INFORMATION

配信情報

2018.09.01

トレーラーのルームエアコン

サービス峯岸です。

今年の夏は特に暑かった為、エアコン取り付けのご注文を沢山いただきました。

エアコン取り付け作業には時間を掛け、走行中の振動を加味した強度、安全面を配慮して作業しております。

今回2018年モデルの455UF Deluxeにルームエアコンを取り付けましたのでご紹介致します。

 

現行モデルは、写真の通りガスロッカー内が狭く、室外機を収めるのが大変です。

ガスロッカー内のパーツを一度取り外します。

 

ガスロッカー下部に補強用のバーを作成し室外機を支えられる様に強度を出します。

補強用のバーも全て車両毎に寸法を出し鋼材をカットし作成します。

そのうえで、室外機を設置します

 

次にエアコンの電気配線を通します

 

クローゼットからトイレ裏を外し見えない所を通します。

手の入らないところですが、コツを覚えましたのでサッと通します。

 

 

次は室内機取り付けの準備です。

設置場所の上部の扉を外します。

 

 

アーチ形状のボードを作成し、純正家具と同様の色合いの仕上げをします。

 

 

アーチ状のボードを取り付け電源コンセントも取り付けます。

 

 

補強ボードも作成します

 

やっと室内機取り付け金具を取り付けるボードを作成します。

振動に耐える様しっかりとした強度を出す為この箇所にはかなりの時間を掛けて作成しています

 

配管の接続作業は専門業者に依頼し施工してもらいます

 

配管も家具で隠れる場所を細かく指示し接続してもらいます

 

配管を隠す為、標準のロッカーのフタを作り直します。

室内機左右の標準の扉をカットし作り直します

取っ手、ヒンジを付け直し加工します

 

加工した家具扉を取り付け室内完成です。

HOBBYの家具のデザインを崩さない様作成に心掛けています。

 

室外機の配管を接続し、真空引きをしっかり行います。

 

室外機の間に隔壁ボードを作成します。

 

現行モデルのガスロッカーの開閉のヒンジは複雑になっており、ヒンジが干渉しない様隔壁ボードは画像の様な複雑なカットで作成します。

個体差がありますので、修正を入れながら現車に合わせカットしていきます。

隔壁ボード、LPGガスボンベのホルダーも取り付け完成です。

 

作業工程3-4日間の作業となり、取り付け費用は割高ではありますが、この様に時間掛けしっかりとした品質でご提供出来る様施工しております

ご安心してご依頼ください

 

尚、弊社のお客様以外からのルームエアコンの取り付け相談にはお答えいたしかねますのでご了承お願いします

 

こちらの455UF Deluxeは鶴ヶ島展示場にて展示中です。

また、9月8日~9日の大阪キャンピングカーフェア2018に出展致します。

遠方の方は、大阪キャンピングカーフェア2018へ是非ご来場下さい。

お待ちしております。

戻る