INFORMATION

配信情報

2018.01.13

タイヤについてのお話

明けましておめでとうございます。

 本年も宜しくお願い申し上げます。

 

今回はお客様よりご質問の多い、トレーラーのタイヤについてのお話です。

 

 

まずはタイヤ&ホイールのサイズですが、

Hobbyキャラバンは2軸タイプを含め大きく3種類に分類できます。

・13インチスチールホイール(2軸)

  4.5JJX13 PCD100 ET30  新車装着タイヤは165/R13 96

・14インチスチールホイール

  5.5JJX14 PCD112 ET30  新車装着タイヤは185R14 102

・15インチスチールホイール

  5.5JJX15 PCD112 ET30  新車装着タイヤは195/70R15 104

 

 

タイヤサイズの後ろにある、96,102,104等はロードインデックス(LI)と言って

タイヤの強度を表します。

タイヤを新品交換する際は、上記のサイズを間違えないようにすることと、

タイヤ強度が新車装着以上である事が大切です。

 

※耐荷重はトレーラー総重量をタイヤの数で割った数値が必要です。

例えば1750Kgのトレーラーでしたらホイール一輪の耐荷重は875Kg以上の

タイヤでないといけません。

15インチホイールのLIは104で指数から割り出すと900Kg

となりますので大丈夫ですね。

国産タイヤで交換する際は下記の物が有効です。

13インチ  165R13 8PR

14インチ  185R14 8PR

15インチ  195/70R15 106/104 

 

タイヤエアの調整は出発前、特に長期保管、長距離のキャラバン前には

必ず確認して下さい。

タイヤエアは未使用時でも少しずつ減っていきます。

又気温の変化により変化しますので、季節を跨ぐ際は調整、確認が必ず必要です。

 

 

タイヤエアの調整値はトレーラーのタイヤフェンダーに表記しています。

写真は4.5barとありますが、単位を聞きなれた4.5Kg/㎠と同じです。

 

タイヤの耐荷重はエアの量によって変わりますので、タイヤ交換時は交換したタイヤに

合ったエア圧を入れる様にして下さい。

例えば 

国産 195/70R15 106の場合

 4.5bar で825Kg   5.0barで870Kg  5.25barで890Kgの耐荷重が出せます。

現在の495ULクラスですと1750Kgシャーシですので1750÷2=875Kgですので

荷物満載時のタイヤエアは5.25bar必要になります。

 

又タイヤの寿命は一般的に4~5年と言われます。

特に、キャンピングカーのような保管期間が長いとタイヤが変形しやすいので

注意が必要です。

 

弊社では4年ごとの早めのお取替えをお勧めしています。

 

最後にホイールの締付トルクですが、

スチールホイールが 120N/m

アルミホイールが  140N/m となります。

※ちなみにトルクレンチが無い場合でも乗用車に付いてくるL字のレンチ!

大変良く出来ていまして、端を持って50Kgの力(体重をかける)をかけると

大体120N/mに締まるように設計されています。

くれぐれも足で踏んで締める事の無い様にお願いします。

 

皆様、個々にチェックしているとは思いますが、安全、安心のCaravanLifeの為にも

タイヤはトレーラーの命です、今一度ご確認をお願いします。

 

トーザイアテオ 法華津でした。

戻る