INFORMATION

配信情報

2015.09.27

ブレーキライニングの剥離

サービス峯岸です。
先日別の修理依頼で入庫されたお客様のトレーラーを工場に入れたところブレー
キレバーが垂直近くまで上がりました。
おや?ここまでレバーが上がるとブレーキが怪しい。
早速タイヤを外しブレーキドラムを外してみました。

ブレーキ1

ブレーキライニングが剥離してます。
これはもう大変危険な状態です。

ブレーキ2

更にドラム内側には剥離したブレーキライニングが貼り付いてました。
お客様へ連絡したところ以前お出掛け時にブレーキに負荷を掛け過ぎて白煙が出
たとの事でした。
早速ブレーキライニングを新品に交換しブレーキ調整を行いました。

ブレーキ3

左が新品のブレーキライニングです。
右は熱によりほとんど剥離してライニングが接着してある金属プレートが見えて
います。
このまま走行していれば金属同士の接触でブレーキドラムも損傷してしまいます。
当然ですが制動力は出ません。

ブレーキレバーが以前より上がるようでしたらブレーキの分解点検、調整が必要
になります。
走行に関わる重要な部分です。最適な調整をしないと更にブレーキに負担も掛か
り大きなトラブルにつながります。
当社では最適なブレーキ調整を行いますので是非ご利用下さい。

戻る